毎日ひとつづつ

asagaoasagao
たましんで師匠がもらってきた貧相な種だったのだが、なんとか花が咲くようになった。