2/10 海金剛半分(2)

リベンジです。with S藤(プリムラ)
2/9 13:00八王子、18:00すぎ、松崎。途中修禅寺あたりから雪。峠は立ち往生してる車をすり抜け(こちらは軽だが4駆でスタッドレス)、高い(だけの)刺し身定食たべて酒買って道の駅へ。
2/10 快晴
10:35 取り付き
15:40頃 終了点。
6ピッチ目のS藤さん
6ピッチ目のS藤さん


1P:M野 正規のラインで。後半はほとんど木登り。
2P:S藤 ちょっと下でトラバース。ちょっと悪かった。
3P:M野 前回フォローで登っているにもかかわらず、ちっとも覚えてない。ほとんど初見。フォローとリードの違いを思い知った。フェース部分のトラバース1歩がすげえ怖かった。
4P:S藤 出だしのフレークはS藤さんはレイバックで抜けて行った。私は正体で。後半のワイド目なとこも、フォローならぐいぐいとレイバックで抜ける。
ここで一息いれて、核心ピッチと未知の後半戦へ。
5P:M野 核心の先人クラック、めっちゃくちゃシビれた。短かったけどすばらしいフィンガーでございました。相変わらずの行ったり来たりしながら、精神力で^^。あー、面白かった。
6P:S藤 テラスの右はじのワイド。ワイドなのだが、手はハンドジャム。S藤さんはかなり苦労して、それでも自力で抜ける(さすが)フォローならたいして苦労もせずに登ることができたけど、3P目のように、リードだとビビるだろうな。
7P:M野 取り付きにある石に乗ってスタートすれば、ほんの2、3手の易しいムーブなのだが、ちょっと被っていたせいで行き詰まってしまって、テン。プロテクションもクラックがへんな形になっているのでうまく決まらなかったし、すっかり動揺してしまって、エイドしてしまった。せっかく先人クラックをノーテンで越えたのに。悔。悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔悔。
あとは歩いて頂上みたいなので、ロープ外して頂上というか「岩場の」頂上へ。握手してしばらく景色を眺めて、下降。取り付きに戻るころは、木漏れ日が西日に。ちょっと急いで帰り支度をし、途中落ちる夕日を眺めながら、薄暗くなる寸前に駐車場に戻った。
駐車は前回はいちばん上のオートキャンプ場に止めたが(1000円)ひとつ前のキャンプ場に止めさせてもらうと、500円。しかも、夕暮れ時にのんびり歩いて下ると、空と海と、木のシルエットが非常に美しく斜面の段々畑に映えて、しばらくぼーーーっと眺めてしまった。
この日は松崎の川を渡ってすぐの食堂で、磯釜めしを食べて、道の駅へ。お風呂には間に合わなかったので朝まで我慢することにした。